Sublime Text 3 導入

公開日: : プログラミング

Mac Book Proに新しくしたので、ついでにSublime Text 2からSublime Text 3に乗り換えました。
備忘録がてら設定と導入したプラグインを紹介したいと思います。

Sublime Text 3 のインストール

スクリーンショット 2014-10-31 20.00.07

以下のサイトからダウンロードしてインストールします。

http://www.sublimetext.com/3

ターミナルから起動できるようにする

ターミナルで以下のコマンドを実行する

$sudo ln -s "/Applications/Sublime Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl" /usr/bin/subl

以下のコマンドでカレントディレクトリが開けます

subl .

 参照 OS X Command Line

設定

Preferances -> Settings – User

私のSublime Textの設定例

「Preferances -> Settings – User」に記述して再起動

{ 
 "default_encoding": "UTF-8", //UTF-8
 "draw_white_space": "all",  //スペースを表示
 "fallback_encoding": "UTF-8", //UTF-8に変更
 "font_face": "Ricty", //フォント
 "font_size": 12, //フォントサイズ
 "highlight_line": true, //現在の選択行をハイライト
 "line_padding_top": 5, //行間
 "show_encoding": true, //文字コードを右下に表示
 "tab_size": 2, //tabサイズ
 "translate_tabs_to_spaces": true, //tabをスペースに変換
 "trim_trailing_white_space_on_save": true,
 //保存と同時に空白削除
 "word_wrap": true //自動で改行
}

プラグイン

Package Controlのインストール

  1. 「View -> Show Console」でコンソールを表示
  2. 以下のコードを入力して実行して再起動
import urllib.request,os,hashlib; h = ‘7183a2d3e96f11eeadd761d777e62404e330c659d4bb41d3bdf022e94cab3cd0’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://sublime.wbond.net/’ + pf.replace(’ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)

 参照 https://sublime.wbond.net/installation#st3

Flatland Theme

flatland

参照 https://github.com/thinkpixellab/flatland

Sublime Text 2から使っているテーマ。フラットデザインとカラーリングがお気に入り。

  1. 「Command + Shift + p」で「Package Control」を起動
  2. 「Package Control: Install Package」を選択
  3. 「Theme – Flatland」をインストールして再起動
  4. 「Preferances -> Settings – User」に以下を追加して再起動
{
 "theme" : "Flatland Dark.sublime-theme",
  "color_scheme": "Packages/Theme - Flatland/Flatland Dark.tmTheme",
}

他のテーマは以下のサイトが参考になります
コードが見やすく使いやすいSublime Text 2/3のテーマのまとめ

その他の便利なプラグイン

以下は「Package Control」で全てインストールできます。

SyncedSideBar サイドバーに現在開いているファイルがわかるようにカラーリング
GitGutter 現在のコードとgitの追加や変更の差分を左側に記号で表示
HTML5 HTML5の自動補完
CSS Snippets CSSの自動補完
Bracket Highlighter 開始タグと終了タグをハイライト
Goto-CSS-Declaration HTMLからCSSの定義箇所を参照できる
CSScomb 「Command+Shift+c」でCSSプロパティの自動整列

Markdown エディタにする

markmon

Git とかでコードを管理しているとMarkdownでREADMEを記述するので便利

Homebrew で以下をインストールしておきます。

  • node.jsのインストール
    $brew install node
  • pacdocのインストール
    $brew install pandoc
  • markmonのインストール
    $npm install -g markmon

Sublime Textの方では

  1. 「Command + Shift + p」で「Package Control」を起動
  2. 「Package Control: Install Package」を選択
  3. 「Markmon real-time markdown preview」をインストールして再起動
  4. 「Tools -> markmon -> Launch」で起動

https://sublime.wbond.net/packages/Markmon%20real-time%20markdown%20preview

以上が私がSublim Text 3の設定です。これからまた便利なプラグインやら設定があったら紹介していこうと思います。

 

<参照サイト>
Sublime Text 3をインストールしたらまずやること
フロントデベロッパーが幸せになれる”恋に落ちるエディタSublimeText3”導入のススメ
Sublime Text 3 を最強の Markdown エディタに。

ad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

Three.jsで雪を降らせる

WebGL Advent Calender 16日目の記事です。 何番煎じかわからないですが、

記事を読む

Sublime Text 3のTex環境の導入

情報系の学生は論文やレポートを書くときに欠かせないのがTexです。最近はWordでレポートなどを書く

記事を読む

便利なGitの拡張

Gitのバージョン管理は便利ですよね。GitHubだったりGitLabなど利用している方も多

記事を読む

Three.jsとD3.jsで日本の日別降水量を日本地図上にビジュアライズ

久しぶりの更新となりましたが、そろそろ自分の制作物でもちょろっと紹介しようかなと思います。

記事を読む

便利なGitの設定

今回は、Git関連第2弾ということでGitの設定について紹介したいと思います。 ちなみにM

記事を読む

大学でプログラミングを学ぶということ

高校生の頃からPCでゲームをやったり、動画を見たりするのが好きだった。 受験を勉強頑張って

記事を読む

#RECRUIT_CODE を解いてみた

解読できる学生求む!ターミナルに残された暗号 #RECRUIT_CODE リクルートホール

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • chanpu(チャンプ)

    IT系勤務のエンジニア
    使用言語はC, Java, JavaScript, Swift, PHP, Perl, Python.
    普段はiOS, Android, Webのアプリケーションを作っています。
    趣味は料理, イラスト, ギター, ランニング

Raspberry Pi 2と Node.js で温湿度センサーの値を取得する

前々回はPythonを使って温湿度センサーの値を取得しましたが、今回は

Raspberry Pi 2 に Node.js をインストールする

Raspberry Pi にNode.jsをインストールする方

Raspberry Pi 2 と温湿度センサーで部屋の温度を取得する

今回は、温湿度センサー(DHT11)を使って、部屋の温度を取得してみよ

Raspberry Pi 2 Model B の初期セットアップ 続

前回から間が空いてしまいましたが、SSH接続、IPの設定周りの設定方法

Raspberry Pi 2 Model B の初期セットアップ

もてあましていたRaspberry Piをセットアップしたので紹介した

Sublime Text 3のTex環境の導入

情報系の学生は論文やレポートを書くときに欠かせないのがTexです。最近

卒論発表の時に注意するべき3つのこと

あけまして、おめでとうございます。チャンプです。 そろそ

Three.jsで雪を降らせる

WebGL Advent Calender 16日目の記事です。

Sublime Text 3 導入

Mac Book Proに新しくしたので、ついでにSublime Te

朝起きた時から痛い背中の痛みを解消する方法

私はPCで一日中作業しているせいか、背中が張り始めて、発展して

→もっと見る

PAGE TOP ↑